2020/06/02関西・神戸でプールのお問い合わせ増えてます

ひまわりリゾートの専任取引士の奥秋です

やはり、気温が上がってきたからかプールのお問い合わせが増えてきました。

数年前では考えられないくらいのお問い合わせの数ですね。

ここ数年、↓のようにTVでの露出が増えたからでしょうか。

本日は、プールの魅力について説明します。

施工が簡単になったガーデンプール

かつては、ゼネコンなどの建設会社の仕事だったプールですが、海外からプールのユニットが輸入されるようになり、外構業者でも工事ができるようになったことで裾野が広がってきました。

地震に強いポリプロピレン製型枠

ポリプロピレン製の型枠をブロックの様に組み合わせることで、ある程度自由な大きさ形のプールを作ることができます。また、この型枠を使用することで従来のプールと比べると使用するコンクリートの量を削減することが可能となりコストも大幅にカットされました。

耐久性の高いPVCシート

プールの内側には耐久性の高い強化PVCシートを貼り付けています。従来のFRP塗装によるプール防水と比べると工事も簡単になりました。従来の方法だと工期が天候に大きく左右されていましたが、シートを使用することでこうした影響が小さくなりました。

シンプルでコンパクトなろ過システム

ひと昔のプールでは大きな機械室が必要でしたが、今ではそんなスペースは必要ありません。プールと一体型のフィルター(ろ過システム)と水を循環するのに必要なポンプを設置するスペースだけで充分です。

ちなみに、ろ過機の大きさは↓のサイズ。

さすがに露出したままだと故障の原因にもなりますので、小さな物置などにろ過機をいれて機械室代わりにしています。

ろ過装置のお掃除も簡単なので、そこまで手間はかかりません。

この夏にプールを間に合わせたいなら

さすがに、今からご依頼を頂いてこの夏にプールを間に合わせたいという方は、ひまわりリゾートがプロデュースしたプール付きリゾートハウスはいかがでしょうか?

(SUMOにて掲載中)

モダンでラグジュアリなデザインを得意とする建築士による、リゾート空間が今すぐに手に入ります!

家具家電キリン付き!

契約したその日から利用できるように必要最低限の家具・家電付きで販売しております。また、ワクワクの非日常を演出するキリンもなんと標準でついてきます。

非日常のプール・ジャグジー

建物の外にはジャグジーとプールは広がり、非日常の世界を生み出しています。

柏尾台のプールハウスについては↓の記事もご覧ください。

柏尾台プールハウス紹介(離れ編)

柏尾台プール付きリゾートハウス問合せ増えています

内覧希望はお早めに

現在、多くの方から購入希望のお問い合わせを頂いておりますので、
プールハウスの内覧希望の方はお早めにお問い合わせください。

ひまわりリゾートでは、土地探しもお手伝いさせて頂いています。

同じ柏尾台の敷地で↓のようなプランも可能ですので、プールハウスをご検討の方はぜひひまわりリゾートにお問い合わせください。

8500万円~ 柏尾台133坪